事務は、企業経営の根幹です。事務の滞りは、必要なときに必要な情報が必要としている者へ届かず、自ら対策を放棄した状態です。まさに動脈硬化といえ企業の老化現象の現れです。
事務の改善は、全社的な生産性の向上とともに、個々のモチベーション向上をも実現します。

HOME>事務の合理化から始まる業務革新